目前日期文章:200707 (3)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要

杉浦先生說:「封面即臉孔。」對我來說車頭也是臉孔。而且是根源自童年那年代久遠的回憶。
小時候父親開的是一部天藍色的金龜車。那泛著藍光、可愛且和藹的臉孔深深烙印我心。從那時起,奔馳於馬路上的一輛輛車,與行走於街頭的一個個行人,對我來說都象徵著同樣的一件事。即一個可供觀察的對象。
最近,常有一種車從我身旁呼嘯而過,或從正面疾駛而來。那臉孔,在我心中已成了囂張、跋扈的代名詞。如果說開小車的人家若有養狗,養的必是雪娜瑞或吉娃娃的話;開此令我顫驚恐懼的車的主人所養的狗,我想必是西藏敖犬或狼狗之類的兇猛大物了。
以上只是本人主觀的感受及牢騷,當然不代表事實。若有冒犯還請見諒。



leepoli 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()



さすが東野圭吾。この新作にはミステリーの要素は少ない。ミステリーだと言えるかどうか自身は問題です。「手紙」と同じだ。しかし、人間の内面的なものを描写するには相変わらずうまいです。今回のテーマはこれまで扱ったことのないもの-「不倫」なんです。主役の二人の内なる感情や衝突などが細かく描写され、僕は特に渡部の心境に触れました。なぜなら、自分も同じ経験、いや、それに近い経験を持っているからです。読んでいるうちに、7年前の記憶が自然に蘇った。確かに、その感覚はとても甘くて、刺激的でした。だが、それに対して、いろんな不安、恐怖感も味わわなければならなかった。だから、人生に一度だけ味わったら結構です。

7年前その不思議な出会いによって、妻と結ぶことができた。そして、可愛い娘まで持つようになりました。このことを思うと、神に感謝する気持ちがいっぱいです。神の祝福がなければ、僕らはきっとあの時の困難を一緒に乗り越えられなかったでしょう。あのことが円満に解決された、というのは、神の憐れみしか僕は思わない。僕は野心や能力のない人ですが、妻に保証できることは一つしかない。それは、死ぬまで、他の女性に心を傾けることをあり得ないことにする。一生続けてあなたを愛します。

 


leepoli 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()

第二次離開延&禾母女倆遠行。十天,破紀錄的一次
     週五:晚間的京都靜謐閒暇,讓我得以將台北,尤其是忠孝東路
4216巷的雜亂暫拋腦後,得到些許喘息。
     週六
:被自己那不知是痛還是暈的腦神經牽著鼻子走,一整天除了到京都車站換JR  PASS並順便吃飯外 ,   都窩在家裏,思念延&禾。
     主日:
一早便出發至神戶教會,就如過去幾年一般。我不覺得陌生,弟兄姊妹們似乎也是。雖然分開已逾一年半,但松本姊妹卻說:「我感覺李弟兄好像都一直跟我們在一起。」是啊 ,而且不光是我,MAYAN姊妹也都一直與你們同在喔。的確,神戶教會的點點滴滴始終是我們夫妻之間的話題之一。早上聚會、下午幫忙搬家、晚上吃飯並繼續交通,最後還跟余力夫婦聊到快12點。在神戶的日子總是不儆醒不行。
    週一:事務性的一天。在東灘區役所及大阪的各大銀行東奔西跑。回程時去逛了
UNI QLO 並為自己買了些東西。上次為自己買衣服已經是幾年前的事了?
     週二:同志社預備發表。再見太田先生,他還是如此和藹可親。十月底還有一個大型發表,真是自己找麻煩。
     週三:中午的新幹線直奔東京,抵達後再奔向鶯谷,為的是幫爽兵夫婦看看將來半年要住的房子究竟好不好。結論是很好,光是全新的這一點就已擊敗太多敵手。晚上又來到
MARC家,這已經是第幾次到人家家白吃白喝了,實在數不清。

leepoli 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()